ホーム > 背徳ビッチ

背徳ビッチ  新刊

背徳ビッチ

新妻の綾子は夜の営みに不満を持っていた。夫の帰る前にひとりで慰めていることを、夫の取引相手に知られてしまい……。

著者
ジャンル 海王社コミックス
書店発売日 2018/01/10
ISBN 9784796411110
判型・ページ数 A5
定価 本体1,000円+税
 

目次

005 彼の為だから
031 痴漢専用車両
053 秘密にして下さい
071 満員電車
089 夜の息抜き
111 触手風呂
129 痴漢ごっこ
151 お隣さんの肉便器
169 私とナマでしてみない?

このページのトップへ

内容説明

結婚して数カ月……まだまだ新婚と言えるふたりだが、新妻の綾子は夜の営みに不満を持っていた。 欲求不満は募ってしまい、夫の帰る前にひとりで慰めてしまう……。 ある日、夫の取引先の相手に自身が欲求不満だということを知られてしまった! 相手に襲われて綾子は抵抗するが、寸前まで自慰をしていたことで出来上がっていた身体は、相手からの愛撫に素直に反応してしまう……。 夫とは違う、太くゴツイモノに貫かれ…綾子は初めての感覚に戸惑い、そして与えられる悦楽に溺れて……。 自宅で、電車で、公園で。 守るべき日常の為、恥辱に耐えていた女達が、性の快楽と背徳感に溺れ、いつしか望んで身を差し出していく。 快楽堕ちする女たちを描いた秋の初短編集。

このページのトップへ