ホーム > 雌が覚醒める時

雌が覚醒める時  新刊

雌が覚醒める時

どんな貞淑な女であっても、恥辱の果てに性の悦楽に覚醒めたとき、彼女自身も知らなかった雌の顔をさらして淫獣に堕ちていく。

著者 北かづき
ジャンル 海王社コミックス
書店発売日 2017/09/06
ISBN 9784796410526
判型・ページ数 A5
定価 本体1,000円+税
 

目次

生徒指導室で待ってる
生徒指導室で待ってる2
甘い詩がきこえる
羊に詩はきこえない
花は淫らに受粉する
淫卵
淫卵2-Parasite Lover-
習熟

このページのトップへ

内容説明

屈指のエリート校からのスカウトに、教育への情熱と希望を持ってやってきた新任教師、美智瑠。
案内される校舎の中で、美智瑠は学校が独自に行っているエリートへのケアとして、
性的セラピーを行うという運営方針に愕然とする。

「若い雄の抱えるストレスを もっと高効率的に発散させてやる ……これが我が校のやり方よ」
「まさ……か これを私にも やれ……と?」

そして彼女は、自分がこの学校にスカウトされた本当の理由を知ってしまった……。
それは美智瑠の中に眠る「肉便器女」としての素養……。
学園長によって本性を見いだされた美智瑠は、生徒たちの性欲のはけ口とさせられてしまう!

代表作「生徒指導室で待ってる」を始め、堅物の優等生、清廉な女教師、貞淑な人妻……。
そんな彼女たちが、友人や同僚、果ては異形のものによって、あらゆる恥辱の果てに性の悦楽に覚醒めたとき、彼女自身も知らなかった雌の顔をさらして淫獣に堕ちていく。

このページのトップへ